teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


お絵描きこぼれ話

 投稿者:白ばら  投稿日:2010年 8月30日(月)23時45分30秒
返信・引用
  今年の8月企画は、調子に乗っていろいろ描いてしましましたが、キリ番自爆お絵描きは描いている時に家族が後ろを通らないようにドキドキしながらの作業でした(笑)。

とある雑誌に載っていた小さな写真に「これだ!」と。

今回はブルーを使った絵が多かったのですけど、これも下絵を描きながらブルー系にしようと決めました。
身体のラインなんて普段描くことがないので非常に大変でした。
ただオスカルの瞳の先にアンドレを思い浮かべて…
女性としての自分を意識した時の姿と、ありのままの彼女、
そんなものを描いてみたかったのです。
どこまで表現できたのか自信はないのですけれど。
 
 

もっと光を!!(アンドレか?)

 投稿者:よんよんメール  投稿日:2010年 7月20日(火)23時02分32秒
返信・引用
  私、オスカル様に対しては長く「かっこいい…(*^o^*)」と思ってましたので、ドレス姿がピンと来ず…(^_^ゞ
あの舞踏会でのオスカル様に「ぅわぁ…こんな美しかったの…(T_T)」と感動したのは、ごく最近なんです。

以前あった【ベルサイユのばら展】。
入口で微笑むオスカル様。それは、紛れもなく“初恋の人フェルゼン”と踊るオスカル様(o^∀^o)
頬をばら色に染めて、幸せそうに微笑む その姿は、色気というようなドギツイものではなく、『少女の初恋』そのもの。
ろうそくの灯りしか見えない…←それはアンドレだ(蹴っ)
ろうそくの灯りに照らされて、うっすらとピンク色に染まるドレスがオスカル様をさらに美しくしたのですわ。
あの時『オスカル様の中の女性(美)』を感じたのでございます。

オスカル様なら、100年後のクリノリンがお似合いでしょうねぇ(≧∇≦)
 

ハンサム・ウーマン

 投稿者:よんよんメール  投稿日:2010年 7月19日(月)11時26分41秒
返信・引用
  オスカル様は、私にとって永遠の憧れ、お手本、目標です!!


美しく聡明で、上司や祖国に忠実であり、何より、己に忠実(^_^;)
私の『ベルばらヲタク』は、マリー・アントワネットに始まったはずなのに、気が付けばオスカル様の虜になっておりました♪


オスカル様は間違いなく女性でありながら“女性”の枠にはめられない“何か”を持っていて、“かっこいい”のです
「大人になったら、こんなになりたい!!」と思わせる。 そんな人。
当世風に言うならば『ハンサム・ウーマン』とでも言いましょうか(*^o^*)


“女性”を感じるのは、アベイ牢獄からアランたちが釈放され、「隊長は?」の声に対して婉然たる笑顔で出迎える場面ですね(笑)
“女性”と言うより“母性”と言った方が相応しいでしょうか。


緊迫しつつあるベルサイユで、オスカル様が苦悩を抱えながらも、部下には泰然と微笑んで見せる…。さすがは我等のオスカル様o(^-^)o  オスカル様ぁ--(;∇;)/~~
 

ドレス姿のオスカル様

 投稿者:みすず  投稿日:2010年 6月27日(日)05時18分12秒
返信・引用
  ゆーべる会長様~

そうなんです!
あのドレス姿は確かに綺麗でした!
でも、子供心に色気は感じなかったのですよ'_';汗

やはり、オスカル様は男装姿からフェロモンを感じとりました。子供だったのでフェロモンなんて言葉知りませんが(笑)

特に、アンドレくんと想いが通じあった後なんて、ブラウス姿のオスカル様は私にしてみたら、今まで以上に色気が出ていると思うんですよ。

(もしも、あのあともドレスを着たらロザリーが着ていたフリルいっぱいのドレスしかないのでは…?)

ですから、本当にたった一度きりのドレス姿なんで強烈に印象に残った反面、なぜか背伸びして痛々しくも感じてしまいましたね'_';汗
オスカル様は男装の中に色気がありすぎでして(笑)近衛隊に衛兵隊の面々は、かなり困ったのではないかと(笑)

でも、そんなオスカル様だから好きなんですドキドキドキドキドキドキドキドキ
アンドレくん、マジに困っただろうなぁ(笑)
衛兵隊の面々に「てめえらにオスカルの女らしさがわかるかっ!!」でしたからね……'_';

えっと、前の書き込みの補足と捉えてくれれば幸いです~(__;)
 

性強…でなく盛況

 投稿者:冬萌  投稿日:2010年 6月26日(土)21時39分41秒
返信・引用
  皆様のご意見と、それに対する、ゆーべる様のレスなど拝読してると、なるほど!と思える点が多々ありますね。
何か自分のカキコ、やっぱり間が抜けてるなぁ(^_^;
そう、オスカルは、先ずは性別超えて、ひとりの人間として凜と、毅然としている、その姿が素晴らしいんですよね。
よく、男が惚れる男、なんて言い方しますが、女が惚れる女って、所謂女らしいタイプよりは少し男前な部分ありませんか!?
さっぱりして颯爽として、それでいて、小綺麗でお洒落で女の部分を捨てていない…。
女が惚れる女の究極の姿が、オスカルの中に見て取れるとは言えないだろうか!?
なーんて、思いました。
だからか、ドレス着た彼女はコスプレにしか見えんのですが(^^;…あれで場数踏めば、セレブなファッションリーダーにもなれる…かも!?

さて、次は『セックス・アンドレ・ザ・シトワイヤン』ですか!?←それはアンドレ部屋での話題では(^^;
 

セックス・アンド・ザ・オスカル2

 投稿者:ゆーべる  投稿日:2010年 6月26日(土)16時05分24秒
返信・引用
  映画になぞらえて、勝手にパート2を作ってしまいました。アブダビ~(^0^)わからない方すみません<m(__)m>長かったので一旦切っただけですので(^^;

冬萌様、思春期のご自分の成長過程とリンクしてのオスカル性観(「感」だったら大変じゃ)、すごく説得力がありました。とすると「中性→女性」という流れもよくわかります。私自身はコミックスで一気に読んでしまったのと、当時好きな男の子などいなかった(思い人はすべて二次元でした)ので、私自身のオスカル観は読んでいる間同じでした。そのまま今まで変わっていないように思います。
でも確かに女っぽいオスカルに今でいうツンデレ萌えをしている期間が長かったせいか、最近は男前オスカルに惹かれる…同じかもーー!
そうそう、原作連載当時、Gパンが流行りだしましたね!パンタロンとか(笑)

しい様、「中性…時々女」この絶妙な視点にはっとなりました!冬萌様のおっしゃるように一貫して女として捉えきってしまうのでなく…。
まず「一人の人間として生きた」が先にある。そう思うと「男か女か」といったステレオタイプ的な選択肢はちょっぴり陳腐なものに思えてきます。まず人間で、そしてやはり女でもある、ということかな?ズレて解釈していたらすみません(^^;
女性の憧れたる女性、それを愛したのが女性の理想の男性像たる男性…うおお、こう思うとこの二人は奇跡のような存在かも!?

みすず様、ドレスシーンよりもアンドレが撃たれて戦闘現場を離れたところに女性性を感じる…というところにPCを前に「あぁ!」と思ってしまいました。私もあのドレスのシーンには「やはり奇麗だなあ~(≧▽≦)」と外見に溜め息は出たものの、いわゆる色気というか女性オーラはさほど感じなかったのです。
オスカルは男装しているからオスカルなのであって、女装してしまった点でオスカルという性がちぐはぐなものに感じてしまう。もはや彼女の色香は男装からにじみ出るものとなっていたのかもしれません。でも、一度きりのドレスは美しかったです。他のデザインのドレス姿も見たい気もしますが、一回だったらからこそ貴重な輝きを持つんですよね。一回だからこそ、たとえ本来の色香を覆い隠していたとしても、やはりすばらしく美しい(^^)
あらら、オスカルのドレス論になってしまいました(笑)

白ばら様、お忙しい中ありがとうございました!金モール、まさにお部屋にふさわしい名前ですね。こういうのをふっと思いついてしまう白ばら様のセンスにいつものことながら脱帽です。

わいわい書き込むのってやっぱり楽しい~。
 

セックス・アンド・ザ・オスカル

 投稿者:ゆーべる  投稿日:2010年 6月26日(土)15時31分28秒
返信・引用
  ↑「ジ・オスカル」が正しいのかしら(^^;?
なんちゃって。数年前からハマっているので、コレ。ベルばらとはまったく雰囲気違うけど、めちゃくちゃ面白いんです~(^)SATC!

皆さん、お題にたくさんのご意見ありがとうございます。う~ん、オスカルへの思いはやはり半端じゃないですよね、もちろん私もですが。アンドレ~しっかりしないと貴婦人方の人気をオスカルに全部持ってかれちゃうわよ~^皿^)

瀬津喩様、私も巴御前、考えました(^^)『平家物語』に描かれる巴は本当に華麗ですよね、色白で長い髪、それが敵の大将の首をへし折って…なんてシーンはオスカルそのものだ~って。でも内面まで重ねてみたことはありませんでした。瀬津喩様のおっしゃるように愛と信念のために命まっとうした(どこで死んだかは不明ですが)……確かに重なります!非実在説はありますが、だからこそますますロマンを感じたりします!

まうまう様、初恋でありながら、かといって男性として見ていたわけではなかった…これです!これ!!これがオスカルという性なんでしょうね。ロザリーは「なぜ女になんかにお生まれになったの?」と言っているし、男性と思って恋したのでしょう。
しかし「破格の数のキスシーン」とはすんばらしい表現!確かに最初に読んだ中学の時、キスシーンの数、数えましたもん。そいで「うわ~4人としてるし~」とまるで人をプレーガール扱い(^^;(あの時は4人でそう思っていた中坊でした)…でも憧れました。
「女がたどり着く究極のもの」うう、すばらしい!女を乗り越えるということは女でなくなるんではないのですね。オスカルほどに女を極めた人はなかなかいないのかも。多くの普通の女性は女であるのが当たり前な中にいるうちに、ずっとぬるい女でなんとなく終わってしまうのかもしれません。

一旦送信します。
 

まあまあまあ…

 投稿者:白ばら  投稿日:2010年 6月25日(金)01時57分43秒
返信・引用 編集済
  大盛況ではないですか!!
なんて嬉しいっ!!(自分では書かずに人任せにしておきながら…ですが(^^ゞ)
さすがオスカルですね。



そう、冬萌様のおっしゃる通り、『金モール』です。


こちらのお部屋をなんと呼ぼうか。どんな色を使おうか。考えました。
けむるような金髪。オリオンを浮かべるサファイアの瞳。氷の華の異名…。
ベルばらに出会ったのは小学校高学年から中学生にかかる頃だった。
そしてオスカルは憧れの女性だった…。
男として育てられていても、ものすごくかっこいい人であったとしても。
金モールに縁取られた軍服を纏う彼女は壮絶なまでに美しく…


 -『Galon d'or』-

…。
 

ただ一途に

 投稿者:みすず  投稿日:2010年 6月24日(木)10時16分5秒
返信・引用
  出会ったときから、憧れの存在ですね(≧▼≦)

私の場合は、アニメの放送から原作のコミックが同時進行でしたし、小学4年生の当時は「カッコいい!!」から入りましたので、もしかしたら男性目線だったのかもしれないです(__;)
でも、原作をそれこそ暗記するくらい読んでいくうちに、「あぁ、女性だよ~。それも人生のお手本にしたい女性だぁ~(*^_^*)」に変わりました。

やはり、冬萌さまが書いているのと同じで、私もベルばらに出会ったのが思春期ですし、初恋はハイネル様でしたが(笑)少しずつ異性に目が向く時期でもありましたので、オスカル様の初恋やアンドレくんに対する想いや恋愛には胸が締め付けられるくらいに、読んでいましたもん(T_T)

作中で当時から、オスカル様が一番に女だと感じたのは、アンドレくんが銃弾に撃たれて戦闘現場を離れたところに「女性」を感じましたね。

自分の家庭環境から、女は惚れた相手ができたら全てを捨てる事ができるんだ…と、なんとなく悟ってしまった思春期だったので、あのシーンが一番に「女性性」を感じ取りました。

ドレス姿のシーンには、何も感じなかったなぁ(笑)

なんだか、オスカル様が背伸びしている感じがしたのです…って怒られそう'_';

…って、これでオスカル様を語れているのか不安になってきました~(笑)

私の場合は「男性目線」から入り、直に「女性性」に向かいましたね。「中性」がすっとんでいますが、あの頃は「中性」という言葉を知らなかったのかもしれないです。
今も昔もとにかく憧れて憧れて、人生のお手本にしたいオスカル様ですドキドキドキドキドキドキドキドキ

ちゃんと、語れているのだろうか?不安だ…'_';汗
 

おお♪

 投稿者:しい  投稿日:2010年 6月24日(木)00時41分21秒
返信・引用
  オスカルさまの『性』についてですか…
これヒジョーにCoreな部分ですよね~♪
どう捉えるかで全く違って見えてきますもの…
あーこのような深い話しをさりげなくされる会長
さすがであります!
で、わたしも中性…時々女というカテゴリーになりますね
とにかく憧れて憧れて…
姿 形だけでなくその生き方、一人の生きた人間としてのオスカルさまへの憧れ…
スパークいつ何時にもオスカルさまの前に堂々と立てる人間でいたい…スパークそんな人生の指針になるようなお方…男でも女でもなくです(*^o^*)

そんなオスカルさまには本編中にたくさんのご婦人ファンがいらっしゃいますね
見た目麗しく正義感に溢れ硬派でetc…女性が理想とする男性像がオスカルさまの中には見られるからハートx2
それでいオスカルさまが愛し愛されたのが、これまた女性が理想とするような男…まさに究極の恋愛ドラマです!!
脇キャラフェチとしては
いろんなキャラ目線でオスカルさまをみるとどうなのかなど非常に興味があります(o^∀^o)
だんだん話しがわからなくなって参りました…
次の方ぁ~どうぞ↑
 

レンタル掲示板
/2