teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


「夜霧のブルース」 沿線・番外・オマケ扁

 投稿者:神戸の住人  投稿日:2017年 6月24日(土)03時19分43秒
返信・引用 編集済
  これのタイミングが一番難しかった。(笑)  
 

Re: 『紅の流れ星』神戸篇

 投稿者:神戸の住人  投稿日:2017年 6月23日(金)21時09分25秒
返信・引用 編集済
  マト様
> そうなんですか、想像以上に古く建てられていたんですね。

最初のソースではないのですが、ここに出ています。
http://gipsypapa.exblog.jp/16212096/
最初のは、うっかりブックマークするのを忘れてしまい、改めて探すとこれが出てきました。

三宮の画像は昔の交通センタービルの一階(サン地下入口付近)ですね。
真ん中は夜霧のブルース同様横浜でしょう。
下の摩耶大橋までは遠いです。(笑)

例の生田警察署?に見立てた場所も横浜の何処かでしょう。
22日の「ここは何処?」に書き足しました。

    
 

神戸・諏訪山公園2

 投稿者:マト  投稿日:2017年 6月23日(金)20時19分47秒
返信・引用
  『朝の波紋』(S27)の高峰秀子さん。

現在の所 諏訪山公園でロケされた映画で確認できるものとしては
この映画が一番古いです。

 

神戸・諏訪山公園

 投稿者:マト  投稿日:2017年 6月23日(金)20時15分15秒
返信・引用
  yujiroさんから諏訪山公園でロケされた映画『昨日と明日の間』(S29)の
写真をいただきました。

公園にたたずむのは先日お亡くなりになった日活移籍直前の月丘夢路さんです。

裕ちゃん・マコちゃんが『赤い波止場』ロケでここにやってきたのは
4年後(S33)の事でした。

yujiroさんからは以前にも『朝の波紋』(S27)で高峰秀子さんが
同じ諏訪山公園にやってきた写真をいただき、ご紹介させていただいた事が
ありましたが、この見晴らしの良い公園は日活映画に限らず神戸ロケの定番地だったようですね。

↓『昨日と明日の間』の月丘夢路さん
  監督は井上梅次さんではなく(笑)『幕末太陽傳』の川島雄三さんです。

↓当時の新聞広告

 

『紅の流れ星』神戸篇

 投稿者:マト  投稿日:2017年 6月23日(金)17時11分13秒
返信・引用
  >神戸の住人さん
<あの辺りの家は昭和8年頃に建てられたようですね。>
そうなんですか、想像以上に古く建てられていたんですね。

神戸は洋館の多い町なんですが、諏訪山にまとまって出来た当時は
みんなの注目を浴びたことでしょう。

↓上が三宮駅前だというのだけは分かります(笑)



 

Re: 神戸高台の家をもう一度♪

 投稿者:神戸の住人  投稿日:2017年 6月23日(金)01時49分51秒
返信・引用 編集済
  あの辺りの家は昭和8年頃に建てられたようですね。
戦前から残っているというのが凄いです。

神社は見たことが有るような無いような印象です。
それらしき記憶?を辿ってぼちぼち当たってみます。
神戸なのかどうかは怪しいですが…

調べていて昔の神戸市庁舎が神戸市警察署でもあったのは今回初めて知りました。
画像を紹介してくださったママさんのお陰です。勉強になりました。
長年住んでいながら今頃になって知ることが多いです。

神戸駅は三宮駅もですが沿線の高架を含めて耐震化工事が暫く続くようですね。
夜霧…では塩屋から須磨を経て楠公さん前を通り到着しますが、国道2号線を出てまたすぐ戻るなど
映画的な効果を考えてのことか妙な経路です。        
 

神戸高台の家をもう一度♪

 投稿者:マト  投稿日:2017年 6月22日(木)20時04分43秒
返信・引用
  かねてから親しくしていただいている東京のyujiroさんから
高台の家を舞台にした別の映画『真紅な海が呼んでるぜ』(S40)の
高台シーンの写真を送っていただきました。

yujiroさん、いつも有難うございます((^┰^))ゞ

諏訪山住宅って、まるで日活映画御用達の場所みたいです(笑)

 

続々出てきますね(笑)

 投稿者:マト  投稿日:2017年 6月22日(木)19時52分49秒
返信・引用
  >神戸の住人さん
たくさんの対比写真を有難うございます、さすがですね。

遊園地は浅草の花屋敷みたいですか?
なるほど、言われてみればそのようにも見えますね(笑)

京橋の埠頭を歩く白いスーツ姿の裕ちゃんがいいです。
ずいぶん景観が変わって背後の山が見えなくなりましたね。

神戸駅については話が長くなりますので(笑)後日書かせていただきます((x┰^))ゞ

芦屋警察署と昔の生田警察署 玄関がアーチ型でよく似てますね。

>ママさん
昭和史発掘のような貴重な写真を発見されましたね。
ご協力有難うございます((^┰^))ゞ

どうやら、その建物は先日マトがUPした建物と同じみたいですね。
神戸市警の話もおかげさまでよく分かりました。

↓この神社はどこ?? 物語だけでいえば神戸のどこかですが?

 

これって何処?

 投稿者:神戸の住人  投稿日:2017年 6月22日(木)04時20分43秒
返信・引用 編集済
  マジでわかりません。(^^;
右手後ろに教会の塔らしきものが見えますが神戸の栄光教会ではないような。
近くのミカエル教会かとも思いましたが塔の形状が違うみたいです。←後から街路樹と看板が重なった誤認と判明(たぶん)
僅かに見える倉庫のような建物と橋の欄干のようなものから、なんとなく港に近いような気もします。
はて?例の如く横浜ではないでしょうか?←(ほぼ横浜でした)
だとするとタクシーの横の文字(読めない)はフェイクでしょうね。
↑その後個人タクシーと書いてあるのが判明。
電柱の広告「事務用品マルタン」と市電が横浜の車輌らしき等からもほぼ確定。
前を市電が通る川の側(たぶん)の何処かだと思います。
現在それらしきビルは見当たりませんので、既に解体された可能性が高いです。

しかし、近代建築がクローズアップされてきた割りに、ネット上でこれといって引っ掛からないのが警察と司法関係の建物情報です。
私とてウン十年神戸に住んでいて1977年まで存在していたとされる旧生田警察署の記憶が全く有りません。
その意味合いからして無意識に避けている存在なのか知れませんね。
資料も探せば有るには有るのでしょうけど、通常は免許の更新(昔は)くらいしか用のない施設に対する意識とはそんなものですかね。
まぁ、ご厄介にならなかっただけ幸いです。
 

旧生田警察署と 神戸市警察

 投稿者:神戸の住人  投稿日:2017年 6月21日(水)23時48分15秒
返信・引用 編集済
  ママさん、情報ありがとうございます。
生田区は今の中央区で、橘通1丁目は現在の神戸法務総合庁舎が在る所ですね。
2丁目は1丁目の法務総合庁舎に隣接した神戸地方裁判所が在って昔の建物の外壁だけ残して建て替えられています。
設計者は違うみたいですが、神戸市警察署の建物=旧神戸市庁舎と似てますね
旧生田警察署は「想い出の和田浩治」さん
http://koji128.web.fc2.com/roketi/tatumaki/kozo.html
こちらに移転の件が載っていました。
元は中央区三宮町1-1-3に有ったのですね。
全然、という訳でもないか、映画とは関係ない現在の生田警察署に隣接した神戸税務署前の写真を載せてしまいました。(笑)
画像は芦屋警察署です。(似てますね)

※後からわかったことを追加しました。        
 

関係ないかも?ですが。

 投稿者:ママ  投稿日:2017年 6月21日(水)22時58分35秒
返信・引用
  こんなのが ありました。
たたずまいが良いですね。

生田區橘通1丁目  と読めます。
 

「赤い波止場(1958年)」のシーンを1958年製のレンズで写してみました。

 投稿者:神戸の住人  投稿日:2017年 6月21日(水)20時56分42秒
返信・引用 編集済
  時空を超えたでしょうか?  

謎の生田警察署

 投稿者:神戸の住人  投稿日:2017年 6月21日(水)19時30分23秒
返信・引用 編集済
  現生田警察は生田神社の西向かいに在りまして通りからすると神戸税務署の裏手になります。
そのへんの移転や建て替えの件はネットで調べても出てきません。(後に判明)
映画の中で兵庫県警として使われた兵庫県会議事堂も同じです。
どちらも歴史的建造物なんですけどねぇ~。
UPした写真は現在の生田警察署付近(神戸税務署前)です。
ルリ子さんの居た元町商店街はかつて存在した明治屋付近ですから大体分かりますが、遊園地は分かりません。
浅草の花屋敷とかではないかと…

しかし、神戸駅構内は変わってしまいましたね。
補強とはいえあの不粋な鉄柱はず~っとあのまんまなんでしょうか?…
同じ場所かどうか分かりませんが円柱の位置関係の似ているショットを追加です。

余談
中原早苗さんが歩いた生田神社横に渡航用品と大きく書かれた看板が有りますねよ?
諏訪山から外国倶楽部にかけての間にブラジルへ移民する人々の為の準備施設が有った関係で
そういった商店も多かったようです。
その施設は今も健在で、館内と沢山の資料を無料で見学出来るようになっています。  
 

対比写真、素晴らしいです!

 投稿者:マト  投稿日:2017年 6月21日(水)18時51分0秒
返信・引用
  >神戸の住人さん
天神橋から県庁通りの陸橋、旧県会議事堂とどれも
対比写真バッチリ決まってますね、さすがです((^┰^))ゞ
ロケ場所の解明有難うございました。

やはり地元にお住まいだけあって、映画を見ただけで場所の特定が
つくんでしょうかね、その点マトなんかサッパリです((x┰^))ゞ

中原早苗さんが刑事の目を眩ませながら歩いた場所は分かりませんでした。
たしか刑事が中原さんの持ち物を調べたら中からパンティが出てきたような?(笑)

↓は『紅の流れ星』のシーンですが写真上の警察署はどこなんでしょう?

 『竜巻小僧』や『紅の拳銃』に出てくる生田警察署は三ノ宮の今の
 播州信用金庫周辺にあったようで今とは場所がかなり離れています。
 建物の写真を見ると、生田警察署ではないようですが??

 (この建物もまさかとは思いますが横浜だったりして??(笑))

 写真中は元町商店街 その下の遊園地がどこなのか分かりません。
 当時の神戸には街中に遊園地があったんでしょうか?
 (阪神パークではないですね?)

 

この辺で一段落でしょうね。

 投稿者:神戸の住人  投稿日:2017年 6月21日(水)18時28分53秒
返信・引用
  神戸関連は一応回りましたからこの辺が休み時です。
UPした写真はスマホとレンズ交換式コンパクトデジカメの半々で撮ってます。
デジカメのほうは昔の8mmカメラのレンズでズノー6.5mm F1.1を着けて写しておりました。
このズノーは往年の大口径レンズで有名なメーカーで、6.5mm F1.1は1958年頃に製造された物。
その時代のレンズであの時代の幻影を辿るのもまた一興かと思ったしだいです。

※今日、カメラ純正のズームレンズが届きましたので、拘りもこの辺が一段落です。              
 

Re:高台の家

 投稿者:神戸の住人  投稿日:2017年 6月20日(火)23時49分0秒
返信・引用 編集済
  マト様
> 神戸の古地図が飛び出しましたね、いつごろの地図なんでしょう?
昭和41年(1966)に発行された地図です。

>紅の流れ星』(S42)にも『赤い波止場』(S33)同様
今は新しく建て替えてお住まいの方がいらっゃるので
昔の室内がどうだったのか、今となっては 謎のままになりましたね。

余談ですが、兵庫県庁と兵庫県公館は中に落ち着けそうな場所が有りました。
出来るなら読書なんかして小一時間過ごしたいような雰囲気でした。
 

生田神社西 旧兵庫県会議事堂

 投稿者:神戸の住人  投稿日:2017年 6月20日(火)21時59分43秒
返信・引用
  とりあえず撮っておきました。  

紅のながれ星編

 投稿者:神戸の住人  投稿日:2017年 6月20日(火)20時15分42秒
返信・引用 編集済
  県庁舎と陸橋は変わってないようです。  

夜霧のブルース ロケ地 番外編

 投稿者:神戸の住人  投稿日:2017年 6月20日(火)19時56分14秒
返信・引用 編集済
  天神橋は補修工事中で金網を張っており、僅かな隙間からなので同じアングルでは撮れませんでした。
 

『紅の流れ星』の高台の家

 投稿者:マト  投稿日:2017年 6月20日(火)19時05分37秒
返信・引用
  >ママさん
同じく賑やかし屋のマトです((x┰^))ゞ
ママさんの前を失礼して書かせていただきます。

打てば響くは打ち出の小槌!さて今日は何が飛び出しますやら?(笑)

>神戸の住人さん
↓神戸の古地図が飛び出しましたね、いつごろの地図なんでしょう?
 とっても珍しいです。関西汽船乗り場というのも時代ですね。


↓さて(笑)『紅の流れ星』(S42)にも『赤い波止場』(S33)同様
 情婦(笑)として中原早苗さんに代わり松尾嘉代さんが登場します。
 住まいも同じ諏訪山住宅が登場します。

 高台の家も渡哲也の位置も『赤い波止場』の裕ちゃんと同じです。
 そして『赤い波止場』とは逆にこちらの映画ではベランダから屋内に入ります。

 ベランダ部分がロケで屋内はセットというのは『赤い波止場』と同じですが
 うまいこと繋げてるので不自然さが感じられません。

『紅の流れ星』は『赤い波止場』から9年後の映画になりますが、この時点では
諏訪山住宅に目立った変化はないように見えますね。

 

レンタル掲示板
/132